今日の一言

点と線。
点が無数に散らばっている。
 
一つ一つが大切な点。
時としてその点が繋がり線となる。
 
不思議なものだ…。
 
世間では、やたらと人を紹介してお金にしようとするヤカラがいる。
紹介料としてアンダーでお金が動く。
 
それはそれで良い。
興味が無い世界である。
 
大切な点が大切な点と繋がるのとは質が違う。
点だけで良い存在が繋がってゆくのである。
 
目先の私利私欲の世界とは相容れない。
だから、尊いのだ。
 
多分、事をなす人は、
その化学変化が一時に起こるのだろう。
 
全く関係が無かった点が一斉に結び始める。
そして、シナジー現象が起こり、ステージが上昇してゆく。
 
風が起き、要人が動く。
組織が動き、大衆が動く。
 
そして、新しい時代の幕が開ける。
次の世が明けるのである。
 
やはり、「人」なり。
人があっての歩みかな…。

                    以上 sakaki

ザブザブ…。
泥の中を歩いているようだ。
 
一歩、一歩が重く、
なかなか前には進まない。
 
どうすべきか、どこへ行くべきか、
クリアーにイメージできないでいる。
 
昔、大物コンサルタントは言っていた。
「商売は、同じ道を行ったり来たりするのが一番」と。
 
確かに描けたイメージの世界でいるのは心地よい。
短所、長所も明白だ。
 
仕事だから苦労はあるが、
ある意味、楽だ。
 
描けぬ世界の中を歩くのは、
自虐的罰ゲームに似ているかも…。(笑)
 
今日は、研修会。
久しぶりに途中退席せずに聞いていた。(笑)
 
講師のリズムが良かったのと、
丁度、昔の知識を蘇らせる内容だったからだ。
 
只、会場のムードは、いつもと同じ相容れない。
同じ職業の集まりなのに異次元空間だ。
 
私が多分、いや大よそ”醜いアヒルの子”なのである。
白い羽の中に、黒い羽がいる…。
 
ずーっと、くすぶっている。
果たして、醜いアヒルの子は成鳥になれるのであろうか?
 
ザブザブと、泥の中を歩いている。
新しい時代の声が早く聞きたい。
 
古い時代の声はもう聞き飽きたのだ。
どこまで行けば、新しい声が聞こえるのであろうか?
 
ザブザブと泥が何かをささやいている…。
DO YOUR BEST !!

                 以上 sakaki

悩む…。
考える。
 
目先の利益に目が奪われ、
周りの景色が霞んではいないか?
 
そんな時は、本質を考える。
何が一番重要か?と問いかける。
 
感情を外して、
私利私欲を捨てて考える。
 
「何が一番重要か?」
 
最優先事項が確認できたら
その優先事項を実現するための選択肢を取る。
 
でも、しっくりいかない時がある。
自分の感覚で行動を止めるべきかと悩む。
 
やるか、やらないか。
考えが堂々巡りする。
 
時間が過ぎる。
決断の時だ。
 
さあ、どうする。
理屈を優先するか、感覚を大事にするか。
 
決めた!
タイミングと理屈を優先。
 
ふーっ。

                   以上 sakaki

 「百聞は一見にしかず」ではないが、
経験して事の本質を感じる。
 
世間で人手不足と騒がれている。
勿論、疑う余地もない…。
 
でも、実際求人を出してみると
事の深刻さが身に沁みる。
 
ハローワークで応募なし。
仕方なしに人材スカウト会社の協力を求める。
 
まずは、求人の数が少ないことの説明。
次に、会計事務所業界の人気のなさの説明。
 
なるほど…。
時代は変化した。
 
浦島太郎になった気分。
現実を知らされる。
 
さてさて、どう手を打つか?
一手、一手、将来に関わる重要な手になる。
 
ピンチの時にこそチャンスがあると言われているが、
まさにその通り!
 
業界の変化が明確に把握できた。
明日から手を打っていくことにする。
 
そう言う意味では、事業計画書は大切だ。
行き当たりばったりでは、もう通用しない。
 
たまには事業計画書とにらめっこも良いかも…。
変更して変更して時代に沿うて行かなければ!!

                      以上 sakaki

今日、早朝。
珍しくトイレに立った。
 
時計を見ると
「まだワールドカップをやっているかも…」
 
テレビをつける。
何と後半残り4分とアディショナルタイム。
 
ベルギー相手に2対2の同点。
このままPK戦に持ち込めば勝てるかも…。
 
密かな期待。
凄いことが起きそう…。
 
ところが、時間ギリギリの本田選手のコーナーキックがキーパーの正面に…。
キーパーが素早くボールをリリース。
 
あっという間に日本のゴールが揺れる…。
まさかの失点、PK戦がなくなる。
 
もし、本田選手のコーナーキックが乱れていたらと考える。
いや、厳しいところを突いてキーパーがギリギリボールを跳ね返す。
 
どんなケースでもよい、
ボールの弾道が違っていたら時間が過ぎてしっまているかも…。
 
勿論、「もし」の話だ。
悪夢みたいな展開が起きた時に使う発想。
 
そう、「もし」なのだ。
受け止めなければならない。
これからの日本チームの成長を祈る。
 
こう言ったことは、サッカーだけの話だけではない。
日常のビジネス上でも当然起こり得る。
 
最善の注意を払っていても結果が付いてこない時がある。
努力ではどうしようもない世界。
 
まるで最初からシナリオが描かれていたかのような展開。
「なんで…」と叫びたくなる。
 
でも現実。
変えようのない現実。
 
スポーツであろうが、ビジネスであろうが、
人知を超えた流れがある。
 
誰にもくい止めることができない。
ただ、できることは一心不乱に事に臨むこと。
 
究極、人間ができることはたかが知れている。
でも、一歩を踏み出さなければ何も起こらない。
 
今回のワールドカップで学びました!(笑)
                        以上 sakaki

周囲がどう思っているか分からないが、
私は、運がいい。
 
変化の時は、必ずシグナルが出ているし、
それに気づくことができる。
 
苦しい時も、
「この苦しい状況下で、商売の神様は何を学べと言っているのか?」と自分に問う。
 
考えれば、考えるほど成長の糸口が出てくる。
だから、生体年齢はおっさんだが、内面はまだ学生である。
 
修行僧と言えば美化しすぎ…。
年齢を忘れた中年オッサンという表現が的を得ている。
 
で、次のスッテプを考える。
どの方向へ行けばよいと神様は言っているのだろう。
 
実は、もう決めている。
それに向けての下準備期間だ。
 
ゆっくりと実務界へ戻っている。
カンを取り戻さなければならない。
 
意図して実務を離れ、意図して実務に戻る。
縦横無尽に見えるが、そんなカッコイイものでない。
 
選手と監督を一緒にするようなもの。
スポーツでは同じ時間にこなさなければならないが、
実業界は、全然別の時間になる。
 
パソコンを打ち込みながら、
人とはしゃべれない。食事もできない。
 
自然と時間が必要になる。
足らない時間がもっと不足する。
 
商売の神様は、私に何を気付けと言っているのだろう?
これから答えを探すのだ。
 
苦しみながら楽しもう!!

                          以上 sakaki

自分の道は自分の道。
人の道は歩けない。
 
だからしっかりと歩くのだ。
決して人に責任を押し付けない。
 
この道は、大よそ苦労の方が多かろう。
矢面に立つ分、火の粉は降りかかる。
 
だから人の道に寄り掛かるのも有りの話。
自分を殺す分、火の粉を被らなくて済む。
 
どう描くか、どう具現化するか、
力と知恵が必要になる。
 
「何とかなる」ではできない世界。
「何とかする」の世界だ。
 
社会制度が成熟している国では、
なかなか見えにくい世界だ。
 
未熟な社会にはチャンスがある。
だが、リスクも多分にある。

そのリスクを乗り越えるだけの忍耐力、
努力、時の運が必要だ。
 
それでも自分の道を歩く。
戦々恐々の道のりだ。
 
人は窮すれば人格が変わる。
当然のことだ。
 
飢餓に陥れば、落ちている物でも食べる。
「そんなことなかろう…」と言う人は幸せ者だ。
 
極限の世界を見ずに済んでいるのであるから…。
多くの人は、それを願う。私もだ。
 
願わくば、変わり果ててしまう前にゴールに着きたい。
これも万人が願うことである。
 
そのための今日の努力。
一歩、一歩。

                       以上 sakaki

ご無沙汰しております。
皆様、お元気でしたか?
 
私は、なかなかのハードスケジュールをこなしておりました。
行けども行けども先が見えず、それでも休まず進んでおります。
 
おかげで感覚だけは研ぎ澄まされており、
これからは、瞑想もありかな、と感じております。(笑)
 
人と人は、最初は条件で繋がり、
時間とともに環境が変わるとその繋がりを繋ぎとめるのは”縁”しかないのでは、と考えます。
 
日本のような澱(よど)んだ空気の中にいると、
なにが”縁”だと思われるかもしれませんが、
 
流れの速い環境下では、
昨日の正が今日の誤りにもなりかねません。
 
人と人を繋いでいた常識が変化するのです。
前提が変われば結果も変わる。
 
では、どうしますか?
今までの話を!
 
と言うことになります。
環境、場所、時代がどのような状態であるかは重要なこと。
 
映画のようなスリリングな展開の中にあって喜びも半分、苦しみも半分。
さてさて、どんな場所でどんな時代を過ごしますか?

                       以上 sakaki

25年前に読んだ実務書を読み返す。
私が新人の時に読んだ本。
 
今も色褪せぬ内容。
基礎の基礎。
 
ゆっくりと蘇ってくる知識。
原点回帰。
 
忙しい中にあっても戻るべき場所。
あせらず再びコックピットに戻る準備中…。

                    以上 sakaki

選択。
日常から使われている言葉。
 
でも、極限でどう選択するかは至難の業。
目先で選択するか、先を見据えて選択するか…。
 
結構、自分の人生観に左右される。
正解は無い、ただ結果への責任はある。
 
日頃から、自分への問いかけは怠るまい。
すべては、自分から始まり自分で終わるもの…。

                 以上 sakaki

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

榊経営会計事務所は兵庫県姫路市の税理士事務所です。

携帯電話でのアクセスはこちらから↓
QRコード

カテゴリ