2017年 11月

人の人生談義を聞くのは面白い。
 
色んな人生がある。
色んな経験がある。
 
必死で生きてきた時間。
色あせるのではなく味が出てくる。
 
自分の人生を生き抜く力が欲しい。
人生に模範回答なんて無い。
 
必要とされるのは真剣さ7割。
遊び心3割。
 
必死さ100%じゃ、いつか折れる。
「その通り!」
 
今日の学びでした…。(笑

                 以上 sakaki

変化のない同じ日々。
変化のない同じ年月。
 
これらが長く続いたら、
明日も、来年も続くような気がする。
 
これは、妄想である。
人生は常に変化を孕(はら)んでいる。
 
同じ繰り返しの年月の中で常識化してしまったことが
変化の中では通用しない。
 
それを「おかしい」と考える。
変化を否定しようとする。
 
でも、それは間違いだ。
生きとし生けるもの常に変化をしている。
 
大きな変化か、小さな変化かの違いだ。
勘違いで作ってしまっている常識を疑え。
 
目の前の現実との対話からすべてが始まる。
10年後、5年後の計画も目の前の現実が始点となる。
 
さあ、雨が降ろうが槍が降ろうが、どんと来い!
今を逃げたら明日が無い、そして将来もない。
 
だから、どんと来い!

                  以上 sakaki

アハハ…。
今日は、スランプ。
 
文章が出てきません…。
素直に帰ります…。(笑
 
            以上 sakaki

気付けばもう20:00を過ぎている…。
お腹が減った…。
 
でも、その日にできる仕事は終わらしておかなければ、
次の日に何が起こるか分からない。
 
新しい仕事を受ける枠だけは持っておかなければ…。
修行時代からの姿勢。
 
人生に欲が出てきた。
あと20年は元気で仕事がしたい。
 
年とともに仕事の内容が変わるであろうが、
自分の思い描く世界を作りたい。
 
スロースターターですね。(笑
同年輩は、少しづつ人生を閉じようとしているのに…。
 
人それぞれということか…。
そういうことですね。
 
だから、長年ほっておいた高血圧。
薬は面倒と対処していなかった。
 
でも、今日、病院へ自首してきました。
先生も若手の2代目。
 
「丁度よいかも…」
ずーっと、かかりつけ医者を探していたのが本音。
 
年も50歳を超えればポンコツ車。
いつ壊れてもおかしくない。
 
まめにメンテナンスを掛けてゆこう。
もう少し長い道のりを走りたいから…。
 
さてさて、明日はどんな明日になるのやら…。

                        以上 sakaki

麻雀。
最近、海外で久しぶりに打った。
 
打ち癖は、
配牌、ツモ牌の流れが良くなるまでひたすら待つ。
 
ツモ6~8順目で勝負するか、逃げるかの判断。
まぁ、下手くそ麻雀。
 
でも、長い時間打っていると、
必ず自分に運が向いてくる時がある。
 
そこで一気に挽回するのである。
それまでは、痛手を喰らわぬように逃げておく…。
 
何故、こんな話をしたかと言うと、
長年お客様の決算状況を見てきた。
 
正直、会社を閉めた方が良いのでは…、と思うこともある。
それでも銀行に支えられて事業を継続。
 
何年か経つ…。
 
流れが変わり、売上が増える。
利益が出てくる。
 
もちろん、努力なしではありえないこと。
ひたむきな努力の賜物だ。
 
でも、ドラマを感じずにいられない。
頑張って継続してきたからこそのリカバリーだ!
 
もちろん、深みにはまってゆくケースもあろう。
でもそれはそれにして、リカバリーを祝おう!
 
これぞ、決算チェックの醍醐味だ!
会社のドラマだ!

                         以上 sakaki

覚悟を決める。
これがなかなか決められない。
 
うじうじしている。
そう竹を割ったようにはいかない。
 
結果と言う事象に責任を取らなければならないので、
当たりまえのこと。
 
でも、その責任感の薄い人はすぐに決めることができる。
自分自身で責任を取ることを想定していないからだ。
 
無責任はいい。
どうなろうが無関係。
気楽な状態だ。
 
そういうことで世の中を渡ることができたなら、
毎日、楽しいだろうなぁ~!
 
今日、一つ覚悟を決めた。
これ以上、流れに対し第三者ではいられない。
 
責任を取る覚悟を決めた。
当事者である覚悟を決めた。
 
希望よりは、不安が先に立つ。
そんなものだ…。
 
竹刀でチャンパラをするか真剣でチャンパラをするかの違いだ。
切られれば血も出るし、命も失う。
 
全くもって疲れる…。
精神的にも追いやられる…。
 
でも、言っておこう。
『虎穴に入らずんば虎児を得ず』

                       以上 sakaki

いつも目の前のことを追いかけていると、
目の前のことが世界のすべてだと勘違いをする。
 
たまには遠くを見て、
違う風景を見るのが得策。
 
目先の小さな小さな事ばかり考えていてはダメ。
たまには大きな夢のことを考えよう。
 
自分だけが不幸だと考える前に、
もっと不遇な状態にいる人のことを考えよ。
 
自分の状態は変わらないのに、
思う内容で自分の置かれている環境の評価が違ってくる。
 
適当に判断して、
自分より上を見る時、自分より下を見る時の使い分けが大切である。
 
要は、考え方で”幸せ”にも”不幸”にもなるもので、
幸せなんてそこらへんに落ちているものじゃなく”どう自分で感じるか”なのである。
 
どこで幸せになりたいか?
それを決めれば、後は感じ方をコントロールするだけ…。
 
誰かが幸せにしてくれる…。
ドラマの世界をまだ信じますか?
 
ホント、どう考えるか、なんですよね…。
簡単であり、難しくもありますが…。
 
結局、自分をコントロールできるかどうか、
そう、すべてが自らから始まり自らで終わるのです。
 
であれば、楽しくなるように考える方が得策。
つまらぬ意地は要らないかも…。
 
最後は、やはり自分の判断です。(笑

                           以上 sakaki

すみません…。
今日も更新する時間がありません…。

ホント、タイムマネージメントを考えないとだめですね…。

                 以上 sakaki

ホント、自分が動かなければ何も変わらない。
 
多くのことをしようと思うと、
多くの声を掛けなければならない。
 
すべての分野に精通している訳でない。
いや、自分が精通していない分野がほぼ全てだ。
 
だから、自分の世界に留まることなく進んでゆこうと思えば、
色んな人の助けを借りなければいけない。
 
ただ無防備に人に頼りきりになると騙される。
でも頼らざる得ない…。
 
この塩梅をどうするかが難しい。
安易に人を頼り、騙される覚悟で進むか、
自分の時間を犠牲にしてでもある程度の知識を持つか、である。
 
時間を犠牲にするか、
お金を犠牲にするか、実に悩ましいのである。
 
実は、商売の世界ではあちらこちら散見される悩みなのである。
簡単に言うと、自社でするか、外注するかの判断。
 
結果が読める外注結果なら自社でもできると思う。
結果にプラスアルファが期待できるなら迷わず外注だ。
 
そこいらの攻防がいつもつきまとう。
プラスアルファを感じさせる仕事。
 
永遠の課題であり、目標だ。
だから日々の努力なのだ。
 
1ミリでも1ミクロンでも進歩してゆく気概を忘れてはならない。
常に輝き続けようではないか!
そうあるための努力なのだ!
 
人のふりを見て、我がふりを直してゆきたいものである…。

                      以上 sakaki

老後をどうするか、と人は言う。
老いた後、どう生きるかということか?
 
今の私にはその意味が分からない。
 
老いて病気になるか。
老いて死ぬか。
老いても戦うか。
 
この選択肢以外は、今の私にはない。
穏やかに過ごす気持ちなどさらさらない。
 
仮に娘が結婚して旦那ができたとしても
その旦那以上に働くだろう。
 
もし、孫ができてその孫が成長したとしても
私の身体が動くなら、その孫以上に働くだろう。
 
つまり、穏やかに死を待つつもりはないのである。
たとえ寿命が短くなろうともスタンスは変えない。
 
ようやく人生を描けるキャンパスを手に入れられそうである。
思い切り描くことができるキャンパスだ。
 
あとデッサンを5年ぐらいかけて終わらせて、
色付けに10年だ。
この10年が楽しかろう!!
 
計15年経つとする。
今の年齢に15年を足すと67歳だ。
 
まだ行けそうだな。
その時には、世の為、人の為に生きてゆけたら最高だ。
 
いやいや、煩悩を捨てきれずにいるのも良い。
欲もエネルギーのもとになる。
 
そううち、体にガタがきて病院生活。
病院を追い出された後は、老人ホームかな…。
 
いやいや、その時にお金があるのなら
世界一周旅行に出よう。
 
途中でくたばれば海に投げてもらう。
いい人生だ!
 
だから老人になる暇がない。
だから老後の心配はいらない。

                   以上 sakaki

カレンダー

2017年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

榊経営会計事務所は兵庫県姫路市の税理士事務所です。

携帯電話でのアクセスはこちらから↓
QRコード

カテゴリ