2018年 1月

道なき道を行く。
音せぬものを聞く。
 
食べずに味わう。
近寄らずとも匂いを感じる。
 
難問だ…。
さあ、どうする?
 
日々、理論と経験則で生きていると
感性が鈍くなる。
 
見えるものしか理解できず、
経験したことを繰り返してしまう。
 
別に悪いことではない。
いや、必要不可欠な行動である。
 
しかし、それだけでは足りないのである。
大いなる想像力をもってこの世界を生きなければ…。
 
優れた彫刻家は、石の塊の中に作品が見えると言う。
それを掘り出すのが創作活動らしい。
 
優れた経営者もそうかもしれない。
人・モノ・金の流れの中に利益を見出す。
後は、それらの要素を使ってお金を招きよせるだけなのである。
 
『なぜ見えるのだろうか?』
 
天性のものか、努力の賜物か。
心は清くなければならないのか。
 
凡人のうめき声である。
お金に執着する亡者の叫びである。
 
深く深く己の内に入れ。
表面的な思考では、どこへもたどり着けぬ。
 
悟りの中に答えがある。
要は、どんな方法を使って悟りを得るか、である。
 
である、と断言したが確証はない。
私もまだまだ迷いの中にいる。
 
成功なんてまだまだ遠い。
だから、うめいて叫ぶのである。
 
『なぜ見えるのだろうか?』と…。

                  以上 sakaki

何事もそうだが、
その日だけの判断ですべてを決めつけない方がいい。
 
時間が流れる間で、
好転もするが暗転もする。
 
先が読めないのである。
仕方がない、神様ではないから…。
 
でも、人間としてやるべきことはしなければならない。
 
成功するだけの知識を付けること。
成功するだけの付き合いをすること。
 
言い出したらきりがないが、
面倒ぐさがらずしなければならないのは、自己努力と人脈作り、と言うことだ。
 
もう一つ言うなら、コミュニケーション能力が必要だ。
会話をする力だ。
 
人間同士、超能力者なら言葉なしで会話できるのだろう。
残念ながら99.9%の人間は言葉で会話をすることになる。
 
分かり合う一歩が会話で始まる。
当たり前のようで当たり前になっていないのが現状。
 
言葉と会話を大切にしてゆきたいものですね。

                              以上 sakaki

コツコツと積み上げる。
そして、汗をかくことから逃げないこと。
 
基本は、基本。
一足飛びにはいかない。
 
自分を勘違いして吠える。
相手が誰だか知らずして。
 
底が知れた人間とはかかわりたくないですね。
不愉快な思いをするだけ。
 
昔、父親が言っていた。
『一杯でも多くご飯を食べた人間を馬鹿にするな』と。
 
浅はかで生意気な若き日の私がいる。
底が浅いので深さを意識できない。
 
若気の至りとして済んだらよいが、
済まない場合もある。
 
だから、1日1日の経験、努力は尊い。
重なって、積まれて人柄となる。
 
先述した父親の言葉を変えてみる。
「1日でも多く経験、努力した人間を馬鹿にするな」と。
 
辛くとも日々の積み上げだ。
それから逃げてたら人間としての底が深くはならない。
 
そして、そのような人間と交わることが許されない。
人の世の厳しさであり、救いでもある。

                         以上 sakaki

商売は、難しいですね…。
 
何が難しいかと言うと見えないものを見て、
判断し、結果を出さなければならないところ。
 
人のやり方を真似しても二番煎じ。
見えないものを見て、決断せずに済み楽ですが、
 
要は、誰もがすることやっているだけ。
利益は、薄いと考えなければなりません。
 
発想と悟りと知恵を駆使してスキームを考える。
でも、そんなに簡単にベストアンサーを思いつくわけでもない。
 
頭の中が堂々巡り…。
それでも逃げるわけにはいかない。
 
因果なものですね。
全く…。
 
だから多くの人は、一生懸命勉強して、
しっかりした会社に勤めて指示通りの仕事をするのでしょうね。
 
これも時間が拘束され窮屈ですが、
自問自答して悩み続けるよりは楽ですね。
 
そう思うにつけ、
日々の自分への鍛錬を怠ってはいけないのです。
 
中小零細のトップは、辛いものです。
だから魅力ある素敵な社長が多いのかも…。
 
そうなるために頑張ってゆきましょうか!!

                   以上 sakaki

私が乾燥生姜を扱っていることは以前書いた。
去年の夏ごろから煎じて飲んでいます。
 
毎日飲むつもりではいたが、
わが身の都合で飲んだり飲まなかったり…。
でも、今でも何となく続いている。
 
注文して頂いたお客さんのコメントで、
冷え性が緩和された、とのこと。
 
「へぇ~」と他人事。
販売している本人がこれでいいのかと自問自答。
 
でも、嘘はつけない。
その時は、自覚症状が無かった。
 
ところが、最近。
何か自分の体が違ってくるのを感じ始めた。
 
もともと、冷え性の私。
『男で冷え性?』と女房に笑われていました…。
 
が、
今年は今のところ足の冷えを感じないのです。
 
冷えを全く感じないと言うわけではないですよ、念のために。
前よりも冷え方が軽くなったと言う意味。
 
「ほ~う」と思いました。
あるです、こんなことが…。
 
実感するのに半年以上をかかりましたが、
ようやくたどり着きました!(笑)
 
まだまだ、リカバリーすべき項目が2~3項目ありますが、
徐々に解決してゆきましょうか!
 
命あっての物種。
身体を大切にしてゆきましょう!

                  以上 sakaki

振り子の原理。
右に振れたら、次は左に振れる。
 
特別な力を加えない限り、
常に右回り、常に左回りとはいかない。
 
振り方が小さければリスクも影響度も少ない。
大きく振れれば振れるほどリスクも大きくなる。
 
人間の生き方も同じだと思う。
じっと同じ場所で留まっていれば限りなくリスクは小さい。
 
ただ振れ幅によるメリットは受けられない。
じっと止まったままである。
 
それも一つの選択だ。
何も多くのことを知るのが人生ではない。
 
ジェットコースター的生き方は、
常に危険をはらんでいる。
 
ただ、もし人を導くと言うなら話は別だ。
リスクを冒しても多くを知らねばならない。
 
自分がどこのポジションにいるかで振れ幅を調整するのが賢明。
むやみやたらに振れていると命がいくらあっても足りない。
 
それにより、味は出てくるが…。
一味違う、というやつだ。
 
今日、久しぶりに税理士会の新聞を見た。
そこには、資格の合格者の動向が記載されている。
 
いわゆるニューフェイスの就職場所だ。
驚いた…。
 
何気に目を流すと、
ほとんどが税理士法人への就職となっている。
 
少し前なら、
誰が独立したのであろうとチェックしていたが、今は違っていた。
 
時代が変わったのであろう。
浦島太郎になった気分だ。
 
22年間、周囲を気にせずに自分なりのやり方を通してきたが、
時代の変化を受け止め、戦略を練り直すことにする。
 
強み、弱みの分析だ。
時代の流れに沿うて行こう!!

                          以上 sakaki

あいかわらずのバタバタで、
「今日は更新できません」と言い残して事務所を出ていってしまいましたので、
本日はお休みさせていただきます。
申し訳ございません。

(代筆:スタッフ)

「歴史に学べ」
昔から聞いてきた言葉。
 
なかなかその言葉の本質にたどり着けないでいた。
何年にこの事件が起きた、と言う暗記モノではないことは承知でしたが、
もう一つ、ピンとこなかったのです。
 
が、
最近、ようやく分かりかけてきました。
 
要するに、その歴史上の人物になったつもりで
その時代をどう生き抜か、自分の手腕才能を試すことができるのです。
 
もちろん、バーチャルな想像の世界でしかないですが、
敵・味方の構図を連想してどう手を打つか、
自分なら、歴史上の人物なら、と落としこむと興味深いものがあるのです。
 
味方だと思ったら敵だった。
敵だと思っていたら味方になってくれた。
 
こんな数々のドラマの中での出来事と、
今の自分の環境を重ね合わせて分析を重ねてゆく。
 
トップの上にトップはいませんので、
誰も解決策を教えてはくれません…。
 
だから、歴史上の人物と自分を重なり合わせて
問題解決の糸口を模索してゆくのです。
 
道なき道を進む人間には、必須事項かもしれません。
これから、歴史に学んでゆこうかと思っております。
 
ゆっくりと、読書なり、映画鑑賞なりできる時間を確保しなければ、
案外と急がば回れかもしれません…。

                         以上 sakaki

すいません。
今日は、マッサージの日にしました。
 
少し休んできます…。

                以上 sakaki

私の机の前にあるベンジャミンの木。
老齢化により、実がなった。
 
種を保存するために実をつけるのだと言う。
不意に、ポコッと実が落ちてくる。
 
私には、老いたベンジャミンの涙に思える。
必ず来る物理的な限界。
 
人間とて同じだ。
日々、老いている。
 
物忘れが多くなり、しわも増えてくる。
老眼になり、白髪がシャレにならなくなってくる。
 
物理的劣化現象。
死に近づいているのだ。
 
だから、時間は大切。
死んでからは、何もできない。
 
そう思い、ついつい欲張って生きてしまう…。
でも、体力にも限界が…。
 
どう生きればよい?と問いたくなる。
答えはない。
 
自分らしく生きるしかない。
つまり、思い切り生きるしかないのである。
 
単純明快で生きるしかないのである…。

                       以上 sakaki

カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

榊経営会計事務所は兵庫県姫路市の税理士事務所です。

携帯電話でのアクセスはこちらから↓
QRコード

カテゴリ