2018年 4月

なかなかなものです…。
時間が足りません…。
 
無能力の証拠。
何とか時間を作れるように頑張ります!!
 
それでは…。

              以上 sakaki

真面目さ、必要だ。
責任感、必要だ。
 
でも、それが自分を苦しめることになる。
 
”こうあらねばならない”
”こうでなければならない”
 
こんな考えが精神を蝕んでゆく。
考え方に自由さがなくなり、身動きが取れなくなる。
 
そして、活気も弱くなり、
何に対しても興味が薄らいでゆく…。
 
危ない、危ない…。
黄色信号が点滅している!
 
そうそう堅苦しく考えなくても良いのでは…。
こだわることは良い事だけど、こだわり過ぎてはダメ。
 
人間は神様でもなければ悪魔でもない。
プラス50、マイナス50の存在だ。
 
窮屈になれば、窮屈にしているこだわりを捨てなさい。
そのしがみ付いている手を放しなさい。
 
そんなにこだわってはダメ。
所詮、裸で生まれて、裸であの世に逝く間の戯言。
 
人に多大な迷惑をかけるなら別だけど、
ちょっぴり迷惑ならご愛嬌といきましょう!
 
「何にこだわってるんだ」
と自分に問いかけてみてくださいよ。
 
多分、そんな大したこだわりではないですよ!
漠然とした窮屈さが大したように感じさせるだけ!
 
ドンマイ、ドンマイ!
先を案じるよりは、目の前のお仕事をまずは片付けましょう!
 
最近、こうして自分を慰めております…。(笑)

                     以上 sakaki

芸術家は、自分の前に置かれた素材の中に
今から生み出す作品を見出すことができるそうです。
 
ビジネスモデルもそうです。
利益が出る状態をイメージしてそれに誘導してゆきます。
 
その誘導する過程で実際にビジネスができない状態になってしまったら
そこに、利益が生み出すことができる仕組みが無いといことになります。
 
ただ、誘導する人の資質に大きく左右されます。
Aさんに誘導されたが為に失敗したとか、
 
たまたまBさんに誘導されたので成功した、
という事例は山ほどあると思います。
 
怖い話です…。
だから、軽はずみには誘導できません。
 
本で得た知識のみではダメ。
経験で得た知識のみでもダメ。
 
あるべき姿を描ける想像力と
そこへ到達するまでのプロセスが具体的に分からなければいけません。
 
学歴じゃないのです…。
才能なのです。
 
だから、目の前に自分の0点の答案があったとしても落ち込むことは無いのです。
ただ、自分の才能がどこにあるのかを探し当てる努力をしなければなりません。
 
生きるために必要なのは、そこなのです。
高い学歴、きれいな洋服、糞喰らえ!です。
 
今、何か違うと思ってたら「自分探し」です。
自分の”良さ”を探すのです。
 
もう一つランクの上の人は、
「他人探し」が上手いのです。
 
他人の才能を見出し、
それを開花させるのです。
 
そして、それさえ自分の武器にしてしまうのです。
目指すべきところかもしれません…。

                       以上 sakaki

なるべくは人に迷惑をかけずに生きてゆきたい。
苦労は自分で背負うもの。
 
人に苦労を押し付けて自分は楽になったとしても
いずれそのトバッチリが来る。
 
自分に来なくとも身内に、子供に来るものだ。
世の中は、そのようになっている。
 
何かの教科書に載って無くとも
自信をもって言える。
 
だから多少のブレはあったとしても
他人様に迷惑を掛けてはいけない。
 
嘘も然り。
自分の範疇で止めておくべきだ。
 
周囲を巻き込むことをしてはならない。
これが大人への一歩だ。
 
これは子供たちに言っているのではない。
大人たちに言っている。
 
『付き合う人間は、よく吟味して付き合うのが無難』
これは、子供たちへの言葉。

                     以上 sakaki

老いてゆく細胞。
それらの集合体の身体。
 
競争社会での敵は外にありと思ってきたが、
実は体の内の老化が最大の敵だ。
 
外を向いての戦いばかり意識していると
内を向いての管理が疎かになる。
 
ある程度の年になると要注意だ。
病に伏せると戦いたくとも戦えない。
 
何十年と積み重ねてきた不摂生だ。
誰も攻めることができない。
 
涙をのんで敗軍の将を自覚する。
 
イヤイヤイヤ…。
まだ遅くはない、まだ間に合う。
たぶん…。
 
思い立ったが吉日だ!
自分の体に思いやりを!
 
転ばぬ先の杖です。
昔の人は、いいこと言うね~!

               以上 sakaki

いろいろな仕事。
できる限り満足のゆく結果を求める。
 
お客様の満足も然り、自分自身の満足も…。
 
出来るだけ本質を掴もうと努力する。
それには状況判断と問題点の正しい理解が必要だ。
 
考える。
イメージする。
 
ひらめきを待つ。
待つ間にまた考える。
 
何となくではダメなんだ。
がっぷり四つになって進むべき道を探る。
 
足らずの知識は勉強で補い、
成功した後のイメージを作り上げてゆく。
 
一つとして同じやり方は無い。
すべてオーダーメイドだ。
 
ここに利益が落ちている。
ブルーオーシャンだ。
 
苦労はするが競争相手が少ない。
ライバルと同じことをしてたらお互い打つ手が無くなる。
 
厳しい世の中になってきたようだ。
東京から広がってゆくデフレの波。
 
同じことしかしないライバル同士。
最後にたどり着くのは値引き合戦。
 
何も昔風に「死ぬまで働け」というつもりはないが、
古き良き時代の常識が希薄になってしまっている。
 
ドラマのような軽快さとか、
映画のような華やかさは憧れだ。
 
でも、現実は泥臭く油断も隙もない。
よもや自分の刀を研ぐことを怠ることは無きように…。

                       以上 sakaki

すいません。
仕事三昧…。
 
まだまだ帰れない…。

                以上 sakaki

無念。
今日も時間無し…。
 
いつまで続くのであろう?
この多忙の日々…。

          以上 sakaki

カレンダー

2018年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

榊経営会計事務所は兵庫県姫路市の税理士事務所です。

携帯電話でのアクセスはこちらから↓
QRコード

カテゴリ