2018年 7月 3日

今日、早朝。
珍しくトイレに立った。
 
時計を見ると
「まだワールドカップをやっているかも…」
 
テレビをつける。
何と後半残り4分とアディショナルタイム。
 
ベルギー相手に2対2の同点。
このままPK戦に持ち込めば勝てるかも…。
 
密かな期待。
凄いことが起きそう…。
 
ところが、時間ギリギリの本田選手のコーナーキックがキーパーの正面に…。
キーパーが素早くボールをリリース。
 
あっという間に日本のゴールが揺れる…。
まさかの失点、PK戦がなくなる。
 
もし、本田選手のコーナーキックが乱れていたらと考える。
いや、厳しいところを突いてキーパーがギリギリボールを跳ね返す。
 
どんなケースでもよい、
ボールの弾道が違っていたら時間が過ぎてしっまているかも…。
 
勿論、「もし」の話だ。
悪夢みたいな展開が起きた時に使う発想。
 
そう、「もし」なのだ。
受け止めなければならない。
これからの日本チームの成長を祈る。
 
こう言ったことは、サッカーだけの話だけではない。
日常のビジネス上でも当然起こり得る。
 
最善の注意を払っていても結果が付いてこない時がある。
努力ではどうしようもない世界。
 
まるで最初からシナリオが描かれていたかのような展開。
「なんで…」と叫びたくなる。
 
でも現実。
変えようのない現実。
 
スポーツであろうが、ビジネスであろうが、
人知を超えた流れがある。
 
誰にもくい止めることができない。
ただ、できることは一心不乱に事に臨むこと。
 
究極、人間ができることはたかが知れている。
でも、一歩を踏み出さなければ何も起こらない。
 
今回のワールドカップで学びました!(笑)
                        以上 sakaki

カレンダー

2018年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

榊経営会計事務所は兵庫県姫路市の税理士事務所です。

携帯電話でのアクセスはこちらから↓
QRコード

カテゴリ